トップページ ASDI案内 日報 ASDI写真集 ASDI写真集 
         
       ASDI写真集  
         
         







2017年7月中旬〜8月中旬

三宅島 海難救助業務







ドローンによる海難監視飛行







2017年8月 初旬

はまなこ防災展示会にて

SEABOB RESCUE および ヤマハ救難艇RE1800を使用した

水難者救助の実演を行いました。


   
   







2017年7月上旬〜中旬

日本体育大学 野外活動実習 水難救助方等 指導


下記写真&詳細は日本体育大学 Facebook より





2017年6月下旬

SEABOB RESCUE 水難救助訓練

ドイツからの指導員による、水中スクーターを使用したレスキュー訓練を行いました。

ドイツ、オーストラリアなど、すでにいくつかの国では消防などが現場に取り入れられてます。









2017年5月15日記載 (5月13日放映済み 守秘義務解除による)

2016年初旬〜2017年初旬

NHKスペシャル ロシア オルダ水中洞窟 4K撮影

事前訓練 & 現地での潜水安全管理業務 担当



後列: 鷹野与志弥 小山靖弘さん 阿部宗平さん

前列: 小出友悠希乃さん 平野康人さん 高野克彦さん

 




なによりも、無事に終了したことを感謝しています。




2017年5月上旬〜中旬 JAPAN-CMAS インストラクター 育生トレーニング&認定 試験


 




2017年4月上旬 大瀬崎 ASDI会

DIVE-1 : 外海、柵下は程よく綺麗でした。

DIVE-2 : メキシコ セノーテに行くメンバーを対象に、ケーブ ダイビングの復習トレーニングを行いました。







2017年3月下旬 大瀬崎 ASDI会









2017年1月中旬〜2月下旬

某国 水中洞窟潜水 (詳細は後日掲載)








2017年1月上旬  西伊豆 大瀬崎







12月下旬 リブリーザー、サイドマント 潜水訓練  西伊豆 大瀬崎





12月中旬 レスキュー講習 西伊豆 大瀬崎






12月初旬 リブリーザー、サイドマウント潜水訓練  西伊豆 大瀬崎






2016年11月下旬 西伊豆 大瀬崎

海上保安庁 特殊救難隊 リブリーザー潜水訓練









11月初旬 リブリーザー訓練  西伊豆 大瀬崎








8月中旬〜9月中旬 某国での潜水訓練&潜水安全管理 業務


 





7月中旬〜8月中旬  伊豆七島 海水浴場 ライフ セーバー 業務







8月初旬  千葉県 救助 業務






2016年7月中旬  福井県 大洋潜水工事梶@混合ガス 大深度 潜水 訓練




2016年7月上旬〜中旬  静岡県 西伊豆  某大学 水難救助 教育







2016年6月中旬〜7月上旬  アメリカ合衆国 フロリダ州 地下水脈潜水 訓練





2016年5月 潜水器材メンテナンス






2016年5月中旬 福井県 大洋潜水工事梶@高酸素濃度ガス潜水 教育






2016年4月下旬 静岡県 大瀬崎  水中閉鎖環境 基礎訓練








2016年4月上旬 神奈川県 潜水会社対称 閉鎖式潜水器材 モニター会




2016年3月下旬 茨城県 港内水中調査



※事後7月25日に掲載





2016年1月下旬  ASDI OFFICE 海上保安庁 特殊救難隊 来社




2016年1月中旬 日本海中技術振興会  インストラクター育成教育




2015年12月上旬 海上保安庁 特殊救難隊 慣熟訓練






2016年11月中旬 閉鎖式潜水器材 80m 潜水訓練





10月中旬 ASDI 潜水会





9月下旬  器材メンテナンス 教育







2015年8月15〜16日 大瀬崎 高酸素濃度ガス 講習





2015年8月上旬 海ホタル










2015年7月下旬 千葉 館山 水難安全警備






2015年7月中旬 九州 佐賀 半閉鎖式潜水器材 講習






2015年6月下旬 和歌山 半閉鎖式 潜水器材 講習







2015年6月下旬  九州 半閉鎖式 潜水器材 教育

 

 

 




2015年6月下旬 某製品耐圧テスト(水深55m)  

 






2015年6月中旬 AD講習

 




2015年6月初旬 九州 半閉鎖式 潜水器材 エキスプローラー 試乗会

 

 





2015年5月中旬 アジア海洋(株)


 

 




2015年4月下旬 AD-EAN(アドバンスド ナイトロックス)講習 大瀬崎

 

 



2015年4月初旬 ダイビングフェア





2015年3月初旬 リブリーザー:エキスプローラー メンテナンス講習

  



2015年2月下旬  ヘリウム混合ガス リブリーザー 潜水 訓練

 




2015年2月初旬 某サルベージ潜水会社 潜水士 訓練




2015年1月中旬 沖縄 那覇 インストラクター育成 教育

  




2014年12月下旬 高圧作業安全衛生規則 改正 潜水研修
  



2014年12月 リブリーザー エイキスプローラー 体験会


 



2014年12月上旬 海上保安庁特殊救難隊 リブリーザー隊員

養成研修 慣熟 減圧 環状捜索 深々度等(中1DIVE 混合ガス トライミックス(TX)ヘリウム ガス潜水)訓練。

 


 



2014年12月 ダム調査潜水。混合ガス トライミックス(TX)ヘリウム ガス潜水

  



2014年11月 ダム調査潜水。混合ガス トライミックス(TX)ヘリウム使用潜水。

  
移動用ボート&潜水器材。



2014年11月 潜水器材開発

 

水中に設置する標識の準備。 今回、鷹野が設置の為に使用する無線通信を付けた潜水器材。



11月 潜水会社のヘリウムガス潜水実習





10月 多摩川インフラ調査撮影潜水。

 



10月 リブリーザー 講習

 



10月 リブリーザー エキスプローラー体験 IN 大瀬崎

 

 



10月 リブリーザー エキスプローラー体験

  



9月30日 宮ヶ瀬ダム インフラ調査撮影潜水

水温は下に行くと8℃でした。寒いです。





9月28日 Tx-CCR 講習 大瀬崎

講習は無事に終了しました。お疲れさまでした。



9月14日 Tx-CCR 講習 大瀬崎

まだ水温は23℃くらいあって暖かいです。



9月6日〜7日 リブリーザー:エキスプローラー体験会

1日目はプールで他のリブリーザーも。2日目は海に潜りましたが、カメラを忘れました。



9月5日 TX-CCR 講習

今回で基礎系は終了かな・・・。



8月27月〜30日 八丈島

リブリーザー:エキスプローラーを雑誌に掲載する仕事で、八丈島に行きました。
やはり海がきれいですね。
八丈島で今度じっくりとー100mとかも潜りたいなと思いました。



8月24日 リブリーザー:エキスプローラー体験会

雨は降らずにすみました♪





8月10日 トライミックス リブリーザー 講習

台風11号の影響で濁ってました。




8月3日 トライミックス リブリーザー 講習

 

 



7月31日 トライミックス リブリーザー 講習





7月27日 トライミックス リブリーザー 講習



6月30日記載 プエルト・ガレラ -100潜水&その他





4月28日記載 ASDI 練習会

4月26日の練習会の様子。
 

 

 

?



4月21日記載 ASDI 練習会

4月19日の練習会は、主にサイドマウントを行いました。





4月21日記載 Explorer Sport Rebreather 八丈島

4月16日〜18日、八丈島でエクスプローラーの講習&潜水です。







4月8日記載 これは良いかも♪

漂流した緊急時に、レーダーに反応するフロートです。使用時は2mになります。とにかくコンパクトで携帯性に優れているので、いつも使用するフロートとは別に、緊急時やバックアップとして携帯すれば、より安心だと思います。






4月8日記載 ダイビングフェア

リブリーザー:の展示会のお手伝いを3日間行いました。売値は65万〜70万くらいになる予定です。来た方の反応は、色々でしたが、一番多かったのが「興味はあるが値段が・・・・」そんな感じでした。でも、今後レンタル器材も用意していくので、購入しなくてもOKだそうです。



4月3日記載 ダイビングフェア準備

出展準備です。ブース名は「Caves'n Wrecks」。会場3階のフィリピンブースの真向いです。4日〜6日まで、ブースで皆さんをお待ちしています。



3月11日記載 ASDI 練習会

3月6日の練習会では、サイドマウントの練習を行いました。参加者のコンフィグ(器材のセッティング&調整)も良くなって来て、見た目の形もいい感じになって来ました。今後も練習を続け、さらなる向上を皆で目指します。



2月26日記載 ASDI 練習会

今回の練習会では、リブリーザー:エキスプローラーをリブリーザー経験の無い、ダイバー女性3人に体験してもらいました。呼吸感の違いが少しあった見たいですが、すぐに皆さん楽しそうに潜っていました。また、機材が軽いことも好評でした。





2月13日 記載

Explorer Sport Rebreatherのプール動画をYouTubeにアップロードしました。実際に使用した感想としては、とにかく軽く、組み立ても簡単です。カウンターラング(呼吸袋)は絶えず一定ですので急激な吹き上がりも無く、浮力のコントロールも楽で、酸素中毒の危険性もありません。使用するナイトロックスの限界水深内&減圧停止を必要としない範囲内での潜水を目的としたリブリーザーです。今後、従来のリブリーザーに加え、講習を受け付けますので、詳しい説明を聞きたい方は、ご連絡ください。



2月10日 記載

Explorer Sport Rebreatherの動画をYouTubeにアップロードしました。後日、プールで使用した様子もアップする予定です。
※映像はあくまでも製品のイメージを目的としています。
※リブリーザーを使用する方は必ず専門インストラクターの指導を受けて下さい。
※映像の中で不適切な表現やコメントがあるかもしれませんので、あくまでもイメージとしてご覧ください。



2月6日記載 ASDI 練習会

プールでの練習会を行いました。今回の参加者方々はサイドマウントです。これからもコンフィグなどを含めた練習を行い、徐々にレベルアップして行く予定です。



2月5日記載 新型リブリーザー エキスプローラー

新しいリブリーザー「EXPLORER」です。日本の輸入会社:二十世紀商事が行ったインストラクターを対象とした試乗会です。私もテストダイバー&撮影ダイバーとして参加です。このリブリーザーは、従来のレジャーダイビングで推奨される減圧停止を必要としない潜水範囲内を前提に、ダイバーに与えるストレスをとことん減らし、潜水時間の延長をダイバーに与える設計になっています。よって重さはシングルタンクの器材と変わらず、ウエイトも4〜2キロ程度ですみ、とにかく軽いです。また、他のリブリーザーに求められている操作もほとんどありません。また使用するガスもEAN(ナイトロックス)だけです。よって設計&システムは従来のリブリーザーと全く異なり、とくにDCP(ダイバー・コントロール・パラメーター)のシステムは、よく考えたと感心しました。減圧停止を必要としない範囲内で、リブリーザー潜水を求めるなら、とてもお勧めなリブリーザーだと思います。後日、動画も掲載予定。





2月2日記載 DIVE BIZ SHOW

浅草で行われた、BIZ BIZ SHOWに行ってきました。各メーカーが出展していましたが、ライト:LEDの新しい物が色々と出ていました。
場内の様子



1月8日記載 新リブリーザー:エキスプローラ―

 エキスプローラ―が日本に入荷したので、さっそく見に行きました。見た目の製品のクオリティーは高く、私感的にはスターオーズを連想させます。心臓部の電子回路は透明な樹脂で完全に密閉されており、本体とは光信号でコントロールされ、水没から完全に電子回路を守っている構造です。酸素センサーは3個、加えて二酸化炭素センサー1個により、酸素と二酸化炭素をモニターします。使用タンクは基本的にEANの4リッター1本、従来のリブリーザーに比べ、かなり軽くダイバーに負担を与えません。ベイルアウト機能付きマウスピースは「KISS−ORCA-SPIRIT」と同じ物です。サブのコントローラーは無く、ヘッドアップディスプレーがダイバーに情報を与えます。ただメインのコントロールユニットの表示が小さいのが、少し気になりました。

いずれにしても、2月にテストダイブをする予定ですので、使用感など改めてご報告します。


他の参考写真
2014年↑





2013年↓
NO,4:Rebreather diving test . Miyako-island Japan. Oct/2013

あくまでも個人的な感想として、KISS-GEMはオープンサーキットとしても、リブリーザーとしても中途半端かもしれません。その他のリブリーザーに関しては、各々一長一短があるので甲乙つけがたいが、KISS−ORCA-SPIRITはSCRとして、その軽さと手軽さシンプルな構造などで、水深40m以浅位のダイビングに使用する目的なら、とても良いリブリーザーだと感じました。


NO,3:Poseidon-MkY and Kiss-Gem. Miyako-island Japan. Oct/2013

先日、リブリーザー取扱会社:二十世紀商事(梶jが行ったリブリーザーの試乗テストの様子です。

ASDIの鷹野は器材のテスト&撮影ダイバーとして参加しました。

※映像はあくまでも製品のイメージを目的としています。
※リブリーザーを使用する方は必ず専門インストラクターの指導を受けて下さい。
※映像の中で不適切な表現やコメントがあるかもしれませんので、あくまでもイメージとしてご覧ください。


NO:2 Kiss-Orca-Spirit Rebreather. Miyako-island Okinawa Japan. Oct/2013

先日、リブリーザー取扱会社:二十世紀商事(梶jが行ったリブリーザーの試乗テストの様子です。

ASDIの鷹野は器材のテスト&撮影ダイバーとして参加しました。

※映像はあくまでも製品のイメージを目的としています。
※リブリーザーを使用する方は必ず専門インストラクターの指導を受けて下さい。
※映像の中で不適切な表現やコメントがあるかもしれませんので、あくまでもイメージとして
ご覧ください。


NO:1 Pathfinder Rebreather. Miyako-island Okinawa Japan. Oct/2013


先日、リブリーザー取扱会社:二十世紀商事(梶jが行ったリブリーザーの試乗テストの様子です。

ASDIの鷹野は器材のテスト&撮影ダイバーとして参加しました。

※映像はあくまでも製品のイメージを目的としています。
※リブリーザーを使用する方は必ず専門インストラクターの指導を受けて下さい。
※映像の中で不適切な表現やコメントがあるかもしれませんので、あくまでもイメージとして
ご覧ください。


11月12日 海上保安庁 特殊救難隊

特殊救難隊の方達がASDIに来ました。

今回の目的は救難&救助の現場でも使用できる器材の模索です。どの程度役に立つかは今後の検証しだいです。


11月8日〜9日 第48回 日本高気圧環境・潜水医学会学術総会

総会にCCRの展示に行ってきました。CCRに興味を抱く方はあまりいなかったので、私は殆ど何もしない2日間でした。

別室では、様々な講演&発表が行われていました。「海上自衛隊潜水医学実験隊による飽和潜水の現状」は面白かったですよ。また「高気圧作業規則改正」は来年の4月?。内容はまだハッキリ決まってないのですが、潜水現場で携わる方達のためにも、一日も早い改正になる事を願います。


9月27日:OW 海洋講習やその他

台風も過ぎ去り、まさしく晴天です♪ 海況も良かったです♪




9月26日:OW プール講習

 台風が来てましたが、プールなので決行しました。気温も低く、プールも寒かったですが、参加者の皆さん頑張りました。

 

 



10月22日〜25日:宮古島

 二十世紀商事鰍ェ行った各リブリーザー比較&テストダイブの為に宮古島に行ってきました。

 新機種から従来機種まで、改めて比較や他のテストダイバーとも意見交換ができたので、良かったです。
全部で 6機種
PATHFINDER  
KISS-GEM 
KISS-SPIRIT
POSEIDON MK Y 
SENTINEL
MAGELODON 


9月26日:新型リブリーザー体験&サイドマウント講習

CCRダイバーの方達に新しいリブリーザー(CCR):PATHFINDERの説明会と体験を行いました。それとは別に、サイドマウントの講習も行いました。


 
 
 
     


9月17日〜19日:テレビ番組の撮影

 東京から飛行機と車と船を乗り継ぎ、たどり着いた小さな島。3日間とっても親切にしてくれた、民宿のおばあちゃん。私はさらなる日焼けで鼻が焦げた感じ。
 


デカイ卵!


9月14日〜15日:インストラクター認定試験

 インストラクターの認定試験を行いました。先日、合格した上妻さんもサポートする中、車崎さんが合格されました。今後、2人ともASDIをサポートして行く予定です
 



9月12日〜13日:テレビ番組の水中撮影

 とある所で撮影です。殆ど船の上に居たので、久しぶりにヒドイ日焼けがに・・・・・


9月8日:インストラクター グループ コントロール実技 講習

気温も暑くなく、雰囲気的に秋が近づいて来たって感じでした。今度はア!と言う間に寒くなるんですよね。

グループ コントロールは、生徒のパニックやトラブルに対応しないといけないので、大変ですが、実際も事故が無いようにするために、頑張らないと!

でも、一番良いのはトラブルが起きた時の対応では無く、トラブルを起こさせない事です。
 
昼食のロコモコ♪


9月7日:インストラクター講習

インストラクターコースの実技部門ブリーフィング講習を行い、明日はいよいよ実技面のグループコントロールです。


9月4日:YOUTUBEに掲載

6月に行った、フロリダでのケーブダイビングをYOUTUBEに掲載しました。


8月31〜9月1日:インストラクター講習

インストラクターコースの実技部門ブリーフィング講習を行いました。


8月9日〜17日:インストラクター講習 フィリピン

フィリピンでインストラクター講習&認定試験を開催しました。参加者全員みごと合格されました。

今回講習に使用したリゾート「OHAYO SAN」は、オープンしたばかりのリゾート施設。マニラから車で3時間くらで送迎もOK!施設はビーチに面し、プールやサウナやマッサージを完備。

オーナーが日本人で、ダイビングはもちろん、フィッシングをはじめ、色んな事に対応してくれるので、お勧めです。
http://www.ohayosanbeachresort.com/
 


8月11〜12日:EAN-AD講習

アドバンスド・ナイトロックス講習を行いました。大瀬崎は夏のシーズン真っ最中で、大勢の海水浴とダイバーでいっぱい!

 透視度は、夏の濁りがひどかったです。
 


7月13日:ITC−プレゼン講習

 インストラクターのプレゼン講習を行いました。今回でプレゼンは一区切りです。


6月29日:ITC−プレゼン講習

 インストラクターのプレゼン講習を行いました。まだまだ続きます。


6月28日:TV撮影

 今回は、TVの番組「ピカルの定理」の収録で、水中カメラマンの依頼が入ったので千葉まで行って来ました。短い収録と言われていましたが、実際は6時間くらい海に入りっぱなし。最後は超寒かった(涙)。


6月10日〜18日:フロリダU

 今回フロリダに同行したY氏の写真です。


6月10日〜18日:フロリダ

 フロリダでケーブダイビングです。田舎に点々とある川や湖水に潜るとケーブがあります。
 











6月2日:インストラクターコース プレゼン講習

 今回は、広島在住のインストラクター候補生も、スカイプを使用して参加し、総勢3名でプレゼン講習を行いました。

 プレゼン講習は暫く続く予定です。


5月19日:インストラクターコース プレゼン講習

 インストラクターになるための、プレゼン講習を行いました。
 


4月20、21日:インストラクターコース&OH講習

 20日はインストラクター講習を行い、21日はOH講習を行いました。
 


3月22日:香川県の粟島で水中番組撮影

 瀬戸大橋を渡って初めて四国に来た。船で渡った粟島は戦国時代、塩飽水軍として知られた海賊の本拠地。その後、今も残る粟島海員学校は戦前から戦後にかけて日本の海運界に多くの人材を出したと教えてもらった。

 ヘェ〜・・・でも静かだ。誰も居ない。海賊もいない。若者もいない。コンビ二も無い。いずれ無人島?海の中には財宝が沈んでいるかも。

宿で見た海一面に光り輝く海ホタルの写真(絵だと思った)がすごかった。夏に来ると見せてもらえるらしい。


3月17日:熱海

急遽、季節限定の小曽我洞窟と、沈船の前部から後部に行って来ました。

天気&海峡はとっても良かったですが、2日前から春濁りが入ったので、透視度が・・・・・・
 

 



3月15日:千葉でドラマ撮影

主人公が箱に詰められ、ヘリコプターから海に落とされ、海底に沈んだ箱から水面まで脱出するシーンの代役。

 代役なので顔が映ってはダメ。でも演技は求められる。初体験(楽しかった)。写真は主人公にニセルため、カツラを付けられた自分。確かに顔が映ったらヤバイ。撮影を繰り返す内、最後は両手も縛られた。面白かった。

 ちなみに、レスキューダイバーの仲間が周りにいるので、危険ではない。
2013年↑
2012年↓
11月30日〜12月1日:AD-TXU講習

しばらくTX講習が続いていましたが、今回で全ての講習を完了です。

今回は講習に必要なヘリウムが手配できましたが、現在社会情勢により、ヘリウムガスが使用できる目処が立っていません。

せっかく講習を行ったのに・・・・・申し訳ないです。

PS
大瀬崎の湾内にはクリスマスツリーがありました。


11月21日:ITCチェックダイビング・サイドマウント講習

ITC受講希望者のチェックダイビング(800m遠泳、300mフリッパー、40m水平潜水、15分立ち泳ぎ、ベイルアウト)を行いました。一日で行ったので、かなりハードだったと思いますが、見事基準をクリアーされました。

また、当日は急遽サイドマウント講習希望者も来られ、サイドマウント講習も行いました。
  


11月16〜17日:TX講習-1

初日の天気は最高でしたが、2日目の帰りは大雨でした。潜水は無事に計画通り終えました。

1、2枚目の写真撮影:米山氏。
 



11月3〜4日:TX講習

二日間とも天気も良く、初日は夕焼けもキレイで、無事に計画通りTX講習を終えました。
 

 



10月28日:Tx@−2講習

雨が心配でしたが、おかげさまで降りませんでした。潜水も計画通りに終わりました。

今回も私はCCRで潜りましたが、減圧中に体から排出されるガスを感じることが出来るのは嬉しいですね。
 



10月22日:CCR(リブリーザー)高所&淡水潜水訓練

標高約1,000mの湖水で、CCRを使用しての潜水訓練です。気圧が低いのでCCRも設定を変える必要があり、FO2(酸素割合):0.21は変わりませんがPO2(酸素分圧)は約0.186ataになります。

当時は朝から雨、雨宿りしながら入念に器材のセッティングを行いました。

潜降後はどこまで行っても・・・・・・・何もなかったです。次回の時はポイントを変えて潜水してみたいですね。

浮上したら、雨も止んでいて、雲の切れ間からは青空が出ていました。寒かったので、帰りに「ほうとう」をみんなで食べました♪
 

 

 

 


10月20日:Tx@−1講習

新たなメンバーでトライミックス講習です。今回は風も無く、天気も晴天で、気持ちよく講習ができました。ただ透視度はいまいちでした。
 

 


10月13〜14日:TxA講習

2日目はタンクをたくさん持ってエントリーしないといけないのに、波が高く、転ばないように大変でした。

講習は無事に終わりました♪どこまで行ったことでなく、無事に終わったことが大切です。
 



10月7〜8日:Tx@講習

2日間とも風が強かったですが、天気も良く、暖かい日差しが気持ち良かったです。

この時期は、陸上が涼しく、海中は暖かく、ドライスーツでの潜水は最高で、私も好きなシーズンです♪




9月27日:とある潜水

とある施設のとある潜水を頼まれました。誰も潜ったことのない場所、水温は7℃、マンホールから進入し、その先障害物を避けながら水深30mまで潜降、水底で○○を行います。年齢的にも、奥多摩の潜水を最後に、この手の仕事は断ってきたし、現役を引退しようと思っていましたが・・・・・・・・・これが最後かな。



9月23日:ナイトロックス(EAN)講習

ナイトロックスの講習を行いました。
 


8月19日:初島 Yさんの写真

Yさんが撮った写真です。

キレイです。


8月19日:初島

熱海から船に乗って初島に行って来ました。Y山さん意外は初の初島♪最近DMを取得された方達が練習兼ねてガイドです。1本目はY山さん、2本目はT美さん。天気も良く、みなさんバッチリガイドしてくれました。
 


6月23日〜7月1日:ケーブ講習in久米島

久米島でケーブ講習を行いました。前日まで台風が2つも発生していましたが当日からは沖縄も梅雨明け宣言♪期間中は全て潜水することが出来ました。でも、天気が良いのはいいですがやはり熱いですね。これから沖縄に行く方は日焼けにご注意を。












6月16日〜17日:エキステンド・レンジ(ER)講習

ER=ディープ・エアーとも言われている空気ガスを使用し加速減圧を取り入れた潜水講習を行いました。今回は、復習参加者も2名加わり水深50mの潜水計画の作成と潜水を行いました。
 


6月11日:新しいサイド・マウントBC

久米島のケーブに向け新しいサイド・マウントのBCのコンフィグ(器材の調整)を行いました。ウエイトやDリングの位置などを調整すること3時間・・・・・まあまあになりましたが、さらに磨きをかけたいですね。BCの使用感はOK!
 

 


6月3日〜4日:ダイブ マスター(DM))講習

ダイブマスターの講習を行いました。当日はあいにくの透視度でしたがそれだけ、ナビゲーションも難しく逆に練習になるのでトレーニング的には良かったかもしれません。今回の講習で2名の新しいDMが誕生したました。
 

 


6月2日:ケーブ トレーニング

6月23日から向かう久米島でのケーブダイビングの備え今回は参加予定者の事前トレーニングを行いました。
 


5月19日〜20日:カバーン講習

ケーブダイビングの基礎となるカバーン講習を行いました。今回は広島の「戦艦陸奥」でお世話になった島津さんが広島からわざわざ大瀬崎まで来て頂き、受講されました。19日は1日だけリブリーザーダイバーも復習参加です。みなさんお疲れ様でした。
 

 


5月10日:ASDIの練習会

プールでの練習会です。今回はリブリーザーダイバー、サイドマウントダイバー、Wタンクダイバー、シングルダイバー達が各々思い思いに練習しました。
 

 


3月10〜11日:DC講習

DC講習を行いました。天気はまずまず、透視度も良く、Wタンクは重いです。
 

 



2月4〜5日:カバーン講習

カバーン講習を行いました。初日は風が強かったですが、二日目は天気も良く、良かったです。
またWタンクやリブリーザーなどのメンバー達も練習参加されました。
 

  


2月1日:DIVE BIZ

今年も新宿でダイビング業界関係社の展示会が行われました。
 

 
二十世紀商事のブースです。主にテクニカルダイビングを対象とした製品を扱っています。


リブリーザー:センチネルです。映画「サンクタム」で使用されていた器材です。映画の内容はおいといて、洞窟内で次々と死んでいくダイバー達を見ていると・・・・・・


200wの巨大ライト!です。キレイな洞窟潜水の水中撮影に使ってみたいです。


ダイビングに携帯できる、緊急信号発信機です。水面で保安庁などに緊急信号と自分の居る経度と緯度を発信し、特に漂流しそうな海域などに携帯すれば安心です。

 
Epoqueの新しいコンパクトライトです。この大きさで1,000ルーメン!。防水も100mあるのでテクニカルダイビングにも良いでしょう。ちょっとだけ、問題があるとすれば、照射スイッチが回転式なのでポケットに携帯したときに、中で勝手に点いてしまうかも?でも、ゴムなどでスイッチ部分をかぶせておけば、大丈夫だと思います。


1月17日:プール

DVPの実技講習をプールで行いました。その他、自主練習でサイドマウントダイバーなども参加されました。


 

 

 


2012年1月14日:DPV講習

DVPの講習(説明会)をASDIの事務所で行いました。
2012年↑
2011年↓
12月16日:辰巳プール

今回は、フリッパーとSCR(半閉鎖式リブリーザー)ドロフィンの体験会を行いました。次回は、SCR:レイの体験会も行いたいと思います。
 

 


11月10〜14日:奥多摩

25年前、奥多摩の洞窟内にある地中湖で行方不明になってしまった方を、連れ戻しに行って来ました。

各々の役割がありましたが、警察関係者や機動救助隊はもちろん、そこに居た人達の「お父さんや、お母さんの元に連れ戻してあげたい」という、みんなの心は1つでした。

5日目、夜になった洞窟から連れ戻すことが出来たときには、みんなが本当に喜びました。

私は同じ日本人として、私達メンバーや警察関係者の方々はもちろん、そこに居た全ての人達にに尊敬と誇りを感じました。
 

 



11月2日:DEMA SHOW

会議もケーブダイビングも終了し、アメリカで最大のダイビング展示会:DEMA SHOWに行って来ました。展示で私が特に感じたのは、新しいリブリーザーの多さです。特に今までのリブリーザーとは違い、ターゲットをレジャーダイバーに合わした、減圧停止をしない範囲で使用する半閉式リブリーザー(SCR)も多く展示されていました。今後は、普通のダイビングでも、リブリーザーを使用することが、当たり前な時代が来るかもしれませんね。それにしても、新しいリブリーザーごとに使用する資格が必要なのは・・・・イヤハヤ(涙)。
 

 

 



10月26〜11月1日:オーランド

アメリカのオーランドで開かれた潜水団体の会議に行ってきました。会議も終了し、1日時間があったので、急遽、地元のテクニカルダイバーと、別件でトレーニングを受けに来ていた加藤さんと合流し、「リトルリバー」と言うケーブダイビングのポイントに行ってきました(器材はすべてレンタル)。「リトルリバー」は田舎町に流れる川の脇に、水中洞窟に通じる穴のある場所で、1999年に私がケーブトレーニングを受けた場所で、とても懐かしかったです♪そう言えば、帰り道に対向車が斜線をはみ出し、こちらの車のサイドミラーとボディーが一部破損。あやうく正面衝突でした。イヤ〜怖かった(汗)。
 

 


10月22〜23日:ダイブマスター講習

ダイブマスターの講習を行いました。水温も低くなってきましたが、ウエットスーツによる垂直潜水など、参加者は見事規定を満たし、合格されました。また、期間中はリブリーザー・ダイバーやテクニカル・ダイバーの自主練の方達も参加されました。
 

 



10月12日:米山氏撮影、陸奥の写真

戦艦陸奥に一緒に潜った、米山要氏の写真です。



9月22日:ASDIプール同好会

400m、7分が、なかなか切れません・・・・・・・・・汗”
 


9月17日〜19日:戦艦「陸奥」



広島に沈む、戦艦「陸奥」に潜ってきました。透視度はあまり良いとは言えませんが、心配していた台風の影響も少なく、期間中無事に潜水を終えることができました。また、当時戦艦の製造に大きく関わっていた呉にある「大和ミュージアム」にも足を運び、過去の資料や歴史を見てきました
 

 

 

 

 

 


9月11日:リブリーザー学科講習

ASDIの事務所で、CCRの学科講習を行いました。基本的なリブリーザーの構造や、機種によっての違いや考え方などを学びます
 




9月1日と5日:ASDIプール同好会?

ダイビング器材での潜水練習、泳力強化、スキンダイビング、その他色々。参加者各位でプールでやりたいことをやりました♪ちなみに、今回は競泳選手の経験者が参加くださり、色々と泳ぎ方を教えてもらって良かったです。
 

 


8月27〜28日:ER講習

空気潜水に加速減圧を加えたER講習(ディープ エアー)を行いました。講習は無事に終了しましたが、当日は8月最後の週末とあって、日本各地では海などで事故も多かったみたいです。残念ながら私たちが講習を行っていた大瀬崎でも、最終日に心肺停止状態で海に浮いていた一般の方が見つかりました。エントリー開始そうそうにイカ???(名前が解る人は教えて下さい)








8月22〜23日:DC講習・OW講習

テクニカルダイビングのDC講習とレジャーダイビングのOW講習を開催しました。初日の朝は大雨でしたが、2日目は快晴でした。講習にはリブリーザーダイバーなども自主練参加です。
 

 


8月20〜21日:AD-EAN講習・AD講習

テクニカルダイビングのAD-EANとレジャーダイビングのAD講習を開催しました。2日間とも暑い日が続きましたが、透視度もこの季節のわりには良く、無事に講習は終了しました。
 

 




8月6日:体験リブリーザーとOW講習

体験リブリーザーとOW講習などです。当日は天気も良く、リブリーザーを体験する超ベテランダイバー達から、これからダイビングをはじめる講習生達や久し振りに潜るリフレッシュダイバーなどなど。当日は様々な人達でにぎわいました♪
 

 



8月1日:水泳練習会

ダイビングの原点となる、水泳練習会を行いました。個々の力量に合わせた泳力を向上させるのが目的です。今回は800mの遠泳?と水平潜水40mを訓練しました。


7月29日:展示会「KAITEKI」

表参道で開催された、「KAITEKI」(展示会)のレセプションに行ってきました。様々な企業の製品を使った作品(アーティスト達)が多数展示されていました。その中で日比野さんが水中で描いた作品と、その様子を撮影した私の映像も流れていました。会場にはアーティストはもちろん、多くの企業の方達らしき人でいっぱいでした。いつもは水中関係だけの展示会やイベントに参加している私にとって、ちょっと違った雰囲気でした。どうしたら人に認められる作品を作れるのか?どうしたら注目されるのか?そんな感性ではなく、結果を求めずに、素直な自分の感性と感覚で作りあげるアーティスト達の作品は、有る意味ですごいなと思います。
  


7月19日:レスキュー

東宝スタジオで、あるドラマ(10月ごろ放映予定)で船が沈むシーンの撮影です。深いプールの上に撮影用の箱(船内)がクレーンで吊るされます。撮影中、ワイヤーが切れて、本当に沈んでしまった時など船内から人を救出するのが今回の仕事です。
 


7月17〜18日:アドバンス講習

レジャーダイビングの中級的なライセンスコースを行いました。当日は晴天で、とっても暑かったです。水深12mくらいから透視度もこの季節にしては良く、なかなかのコンディションでしたが、2日目は台風の長い周期のウネリが入り、川の流れのような感じでした。

  


7月4〜5日:リブリーザー トレーニング

リブリーザー講習後、リブリーザーに対して経験を積むための定期的なトレーニングです。

今回は、リブリーザーのメンテナンス方法も色々と行いました。

海の透視度は悪く、天気は良く、風は強く、大瀬崎ではじめてBBQ(私)を行いました。
 

7月2〜3日:ER講習

梅雨なのに、2日間ともギラギラ太陽、暑かったです。浅い水深の透視度は濁りがひどく、2m〜5mくらいでしたが、水深50mの世界はとってもキレイでした。
 


6月25〜26日:カバーン講習

ケーブ ダイビングの基本となるカバーン講習を行いました。とにかく、ひたすら中性浮力とフィンワークが大切です予報では2日間とも雨でしたが、雨は降らずに、とっても天気が良く、暑かったです。


6月23日:リブリーザー トレーニング

リブリーザー ダイバーのトレーニングです。リブリーザーは特殊な器材なので、定期的なトレーニングは欠かせません。
 



6月18〜20日:三宅島、水中アートの世界

7月末に開催される】「KAITEKIのかたち」展の企画会社スパイラルから連絡が入り、三宅島で日比野克彦さんの水中アートの動画撮影をしてきました。

内容は、日比野さんが幅1.5m、全長150mの用紙(紙ではない)を水中に広げながら、感性のままに書く映像です。

撮影はとにかく、150mの用紙を海に入れたり、出したり・・・・。私も撮影の合間に手伝いましたが、波にもまれ、大変でした。

でも、完成した用紙を岸に上げた光景は圧巻です。

それにしても、150mの用紙を前に、何のためらいもなく水中で書き続ける日比野さんの様子を撮りながら、アーティストってすごいなと思いました。
 




6月4日:飛行機墜落時のレスキュー

千葉の幕張で大きなイベントが行われました。イベントではアメリカからやって来たパイロットによる曲芸飛行が海上で行われます。わたしの仕事は、墜落時のパイロットの救出です。朝、夢の島マリーナから警戒船に乗り、途中でディズニーランドなどを横切りながら、幕張まで向かいます。東京湾はずいぶんキレイになったと言いますが、船が立ち上げる真っ茶色の水しぶきを見ると、たぶん水中では30センチくらいしか見えないでしょう・・・・・・・。頭の中で、墜落した飛行機が沈んだら、見えない水中でどれだけスムーズに救出できるが心配です。ともあれ、「墜落するなよ!」と願う中、曲芸飛行は無事に終わり、業務を終えた船の上から見える、東京湾の夜景を見ながら帰って来ました。
 

 


5月30日:リブリーザー ダイビング

リブリーザーの経験とスキルの向上を目的にした、リブリーザー ダイバーでの潜水を行いました。当日は、1日雨の予報でしたが、雨は朝方に止みました。ただ、透視度は悪かったです。あと、ちょうど「アオリイカ」の産卵を見ることができました。はじめ、寄って来なかったので、どうしたのかな?と思っていたら、「ウツボ」が産卵場所で「アオリイカ」を待ち伏せしていました。「ウツボ」が居なくなったら、たくさん寄って来ましたよ
 

 


5月21日〜22日:インストラクター試験(ICC)

インストラクターの認定試験を行いまし。


5月15日〜20日:北海道(知床)

とある仕事で北海道に行って来ました。水温は2℃。深い水深と長い減圧を伴う潜水において、凍るレギュレーター、分厚いグローブに包まれた手、低水温がもたらすリスクは高いものとなります。 

  

 


5月10日〜11日:インストラクター・トレーニング講習

インストラクターになる為のトレーニングを行いました。
 


5月4日〜5日:アドバンスド講習

思ったよりも、透視度も良く、無事に講習を終えました。当日はリブリーザーダイバーも一緒に潜りました。
 









4月24日:ナイトロックス講習

ナイトロックスの講習を行いました。


4月19日〜22日:被災地

急遽、連絡が入り、不明者の海洋捜索のために、被災地に行ってきました。

見る光景は現実の世界とは思えない感覚でした・・・・・・・。

詳細はいずれASDIの物語に記載するつもりです。







4月16日〜17日:ERとAD-TX講習

提携している「なみよいくじら」さんとの合同講習です。
初日の午前中は雨が降りましたが、それ以外は天気に恵まれました。ただ、海洋は春の濁りが出てきて、あまり透視度は良くありませんでした。
AD-TX組ですが、私はリブリーザー、受講者はWタンクで70mまで無事に潜水して来ました。












4月10日〜11日:DC 講習

初日はあいにく雨、風も強かったです。2日目は晴れ、午後になると風もやみ、久しぶりにおだやかな海で講習をすることができました。

 

 



3月23日〜4月6日:メキシコ セノーテ

 ケーブダイビングのリゾート、メキシコのプラヤ・デル・カルメンに視察とトレーニングを兼ねて行ってきました。

場所が変わっても、ケーブ・ダイビング本質が変わるわけも無く、ケーブのテクニックやルールは同じですね。



 


 






3月20日:熱海 テクニカル ダイビング ツアー

しばらく地震の影響で中止にしていた潜水業務でしたが、久しぶりに熱海の沈潜と、小曽我洞窟を潜りました。

透視度はそんなに良く無かったですが、天気も良く、海況もおだやかで、まずまずのダイビングでした。


 

 





3月11日:東北地方太平洋沖地震

東京にあるASDIの事務所も大きく揺れ、私が表に出ると、看板や電信柱は大きく揺れ、アスファルトの地面は、まるで波の様にうねっていました。

その直後からテレビで放映される被災地の様子・・・・・・・・







2月26〜27日:AD-TX講習を行いました。






 

 





2月21〜22日:リブリーザー講習を行いました。

動画を見たい方は下記アドレスをクリックしてください。

http://www.youtube.com/watch?v=_B3HhYPeoeg














1月29〜30日:AD-EAN講習

今回は受講生2名と

テクニカルダイバー4名が自主練で合流しました。

天気も良く、透視度も良かったですが

昼過ぎになると

強い風が吹いて寒かったです。



今回も動画をYou Tubeに掲載しました。

動画を見たい方は下記アドレスをクリックしてください。

http://www.youtube.com/watch?v=FR2O_N3DyY0












1月8日:リブリーザー講習

新年は年末に引き続き、リブリーザー講習ではじまりました。

天気は快晴♪

毎年、想像もつかない1年ですが、

今年はどんな事が起きるか?楽しみです。



今回も動画をYou Tubeに掲載しました。

動画を見たい方は下記アドレスをクリックしてください。

http://www.youtube.com/watch?v=1zu_AOYTwh0







  2011年↑



  2010年↓

12月23日:リブリーザー講習

リブリーザー講習を行いました。

動画は少しだけYou Tubeに掲載しました。

動画を見たい方は下記アドレスをクリック!

http://www.youtube.com/watch?v=gP5udFs80ps







12月19日:

まだ経験の浅いレジャーダイバーやテクニカルダイバーのメンバーでトレーニングを行いました。

 

 





12月14日〜15日:AD−EANインストラクタートレーニング

AD-EANのインストラクタートレーニングを行いました。

それにしても、15日の大瀬崎(湾内)は

とても良い透視度でした。

また、魚影も濃く

アジの群や、ボラの群、アカカマスなどなど

久し振りに水族館で潜っている見たいでした♪

ちなにみ大瀬崎にもツリーが。

 

 

 



メリークリスマス♪





12月11日〜12日:AD−TX講習

今回の計画では、水深70mでしたが

無事に計画通りに終了しました♪

 


 






12月13日記載:その後の墜落機(十和田湖)





私が撮った墜落機の動画が、インターネット上で掲載されていました。

興味のある方は下記のアドレスで動画を見ることができます。

http://www.youtube.com/watch?v=qKTpCd9hiJk&feature=related


今後、このプロジェクトが落ち着き、私の守秘義務がなくなりましたら

いずれ、ASDIの物語(ASDI STORY)で詳細を書くつもりです。






11月27〜12月4日:沖縄の、ある島で・・・・


ある機関のリブリーザー潜水研修の講師をして来ました。

夜になると肌寒いですが

日中は天気が良いと半袖でOK

やはり暖かい所は良いですね♪

気分も体も楽なので、

その分、訓練生も講師も講習に集中できます。

 

 



 








11月23〜24日:十和田湖の墜落現場


急遽!

十和田湖に墜落した飛行機内部の撮影に行ってくれと依頼があり、十和田湖に行きました。

守秘義務のために、私から墜落機の写真や、状態などのコメントはできませんが、すでにこの件に関してはYou Tube(下記アドレス)など、インターネットでも掲載されているので、興味のある方は検索して見て下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=WkXOX3TvBlI


(他のHPに載っていた十和田湖の写真)


 
(私が撮った十和田湖の写真・・・・・)






11月21日:結婚式

私事ですが、21日に結婚式を無事に終えました。

これから妻も講習の問い合わせや受付など、出来る範囲でASDIを手伝って行くことになるので

宜しくお願いします。






11月14〜15日:OW講習&自主練参加

OWの海洋講習と

それに合わせて、テクニカル・ダイビングや、インストラクターを目指す人達が、今回も自主練参加です。

当日は天気に恵まれましたが、海洋は残念ながら透視度が悪く、濁ってました。

15日は平日だったので、この時期になると大瀬崎はガラガラで、海の中も貸切状態でした♪
 

 

 

 









11月6〜7日:トライミックス講習

ヘリウムガスを使用した潜水講習1回目です。

当日は天気も良く、無事に終了しました。








11月3日:OW講習&各自、自主練

OWの講習と

それに合わせて、テクニカル・ダイビングや、インストラクターを目指す自主練参加の皆さんです。

当日は天気に恵まれ、暖かい1日中プールに潜っていました。


 

 

 






10月〜23日:久米島

約1年振りの久米島です。

1年も経った気がしません。

だだ、1年まえに比べて錆びた車を見ると時間の流れを感じます。


ヒデンチガマ(洞窟)は海の底にあるので

いつでも行けるとは限りませんが

今回も、海況を見ながら数回トライしました。

暗雲の下、海面を走るボートから

竜巻を見た時は・・・・・

いつも思い通りに行かない自然だから

いつも沢山の思い出が残りますね
 


 

 

 

 







 

 



今回の洞窟への潜水が読売新聞のHP(下記参照)に載ってます。
撮影者は一緒に行った米山氏です。

http://www.yomiuri.co.jp/stream/m_news/vn101027_1.htm?from=navlv





10月10日〜11日:DC講習

DCの講習です。天気もよく、暖かい2日間でしたが、ドライで潜りました。それにしても10月とは思えない気候ですね。やっぱり温暖化・・・・・?

DC講習は細かいスキルが盛りだくさん。それを面白いと思うか?大変と思うか?は・・・・・・

今回も連休でしたので、帰りは大・大・大渋滞でした(苦笑)。
 

 





9月26日〜10月3日:ある機関の潜水訓練

期間中、潜水技術、知識、トレーニングを早朝から夜までみっちり受けます。構成は研修生、研修生を育てるマスター(先輩)、そして専門的な講師として私やブルークエストの田中氏が参加です。
プールを使用しての遠泳です。

見た目よりもかなりハードです。

  
講師が使用したリブリーザーやスクーター各種。
 
潜水前のブリーフィングや陸上での講義風景。
  
潜水訓練の風景。

今回、訓練を共に過ごしたメンバー達。
PS:酸素アナライザー

今回このアナライザーを使用しましたが、非常に使いやすく、スイッチ1つで測った濃度を記憶できたり、最大行動水深(MOD)を表示したり、酸素センサーも寿命がきたら交換できるし、価格も手ごろで大変お勧めだと思いました♪




9月19日〜20日:EAN-AD講習
大瀬崎には大勢のダイバー達が居ました。

ダイバーが多いことは喜ばしいですが、器材を置くスペースも無くなると、少ないほうが良いと思う自分はかってですね。

この日も水温、気温ともに暖かく、最近湾内はソラスズメダイの群れがとても綺麗です。

講習はメンバーにも恵まれ、楽しく無事に終了しました。

PS:久し振りに帰りは大渋滞にはまりました(苦笑)。




9月17日〜18日:ケーブ・トレーニング

ケーブ・ダイバーの依頼で、ケーブ・ダイビングのトレーニングを行いました。

今回は基本的なテクニックはもちろん、おもにギャップやジャンプを主として行いました。

ライセンスを取得しても、やっぱり定期的なトレーニングは大切ですね♪
 






9月11日〜12日:ER講習

ER=ディープ・エアーの講習を行いました。今回からドライスーツを着用しようと思いましたが、気温も水温も十分に暖かく、結局ウエット(セミ・ドライ)で潜りましたが、50mに行っても水温は23℃くらいありました。

今回参加されたYamadaさんとは久し振りに会いましたが、元気そうで何よりでした。

ともあれ、天気にも恵まれ、講習は無事に終了しました♪

 






9月7日〜8日:DM講習

ダイブマスターとして、泳力はもちろんですが、レスキューやナビゲーション、グループコントロールの知識とスキルも必要です。今回もより実践的な内容で講習を行いました。

初日は問題なく、2日目は台風の接近が心配でしたが、無事に終了しました。

ダイビングが終わり、帰り道の途中でのんびり遅め目の昼食を談話しながらのんびりしている内に、雨風ともにとんでもないことになり、帰りの道を走っていると、まるで大荒れの海で船に乗っているかのようでした(汗)。



 

 




8月28日〜29日:今年の24時間TV

昨年の津軽海峡横断を無事に成功して、今年は私の出番は無いと思っていましたが、ありました。

一番の目的は東京湾で「スナメリ」を探す事らしいですが、予想通りに無理でした。
28日の早朝、出航前。

今回使われる水中カメラのケーブルなどをチェック。
船の中は、TV局などの器材でビッシリ。
メインとなる船。
離れた位置から撮影するためのカメラ船。
はじめの撮影現場も無事に終わり、次の放映現場に向かう途中、海から見た海ホタルの陸橋。
タレントの方達や製作会社のスタッフ達が乗っていますが、遠めで見るとクルージングを楽しんでいる人達にしか見えませんね。
最後の撮影場の海ホタルのサービスエリア。

船を近づけると、多くの方が乗船しているタレントさん達に声援を送ってました。

今回の私の仕事は色々でしたが、主にタレントさん達や撮影ケーブルの水中でのサポートでした。水深はとっても浅いところでの撮影でしたが、何せ濁りがひどくて何も見えません。

きっと臭いもひどくて、海から上がったら臭くなると思いましたが、そうでもなかったのは救われました。

それにしても、暑い2日間でした。私は定期的に海に潜りますが、船上で撮影しているスタッフの方達は大変だったと思います。



「愛は地球を救う」そんな題名の24時間。仕事の合間で放映されているテレビの映像を見ていると、はじめにスタートした時の趣旨と違い、何か違っているものを感じました。

誰がどんな思惑で、放映しているか難しいことは分かりませんが、現場では予想してない現実のドラマが起こります。テレビに映る人も映らない人も、私達は放映が無事に完了するまで、自分に与えれたら仕事をこなします。


2日目、早朝3時から始まった今回の仕事も終わり、日もすっかり落ちました。

暗闇の海の中、ゆっくりと波止場に戻る船と東京の夜景。

グッタリとした潜水班のメンバー達には無事に終わった達成感だけが残ります。





8月15日〜19日:新型のリブリーザー・トレーニング


新しいリブリーザーのトレーニングです。使用するリブリーザーの製造国であるイギリス本国よりトレーナーが来日し、開催されました。

訓練を受けるのは、田原氏、田中氏と私の3名です。田原氏、田中氏は日本のテクニカル・ダイビング分野において私も認める第一人者の方々です。

今回の訓練を通して感じたのは、イギリスから来たフェル氏のスキルと知識の高さに、あらためて刺激を受けました。やっぱり世界は広いですね。

いつもは指導する立場の3人でしたが、久し振りに指導される立場になり、厳しい緊張感の中、新鮮さと充実感がありました♪




初日の海洋訓練、さすがに気温が高いのでウエットスーツで潜水しましたが、深く長い潜水では体が震え、2回目以降は全てドライスーツを着用しました。


しかし、さすがに真夏の熱い気温でドライスーツを着用すると、潜るまでに汗だくになりますね。

終わった後はまるで水没したかのようにインナーは汗でグチャグチャ。それでもウエットよりかはやっぱり暖かったです。

 








8月14日:OW海洋講習&FUNダイビング♪

急遽、FUNダイビングのガイドが入り、講習とFUNダイビングを行いました。

FUNダイビングの方達の中にはライセンス取得後、3年近く潜っていない方も居ましたが、講習もFUNダイビングも無事に楽しく終了しました。

それにしても、ほとんどメンズ・メンバーで水中にいるドラえもんを囲ってピースをしながらの水中写真はASDI的に・・・・・・・(苦笑)

 




 










8月13日〜14日:OW海洋講習

いよいよ海洋講習です。プールと違い、自然が相手です。

講習地は久し振りに江之浦を使用しました。

思っていたよりも透視度は良かったですが、お盆渋滞は避けられませんでした。



 







8月11日〜12日:DC講習

11日からは大瀬崎に入り、DC講習を行いました。天気は晴天、透視度はイマイチ。

今回は各テクニカル・メーカーの器材を用意して、試してもらいながら講習を行いました。


 




講習生の方々と現地で解散し、1人サービス・エリアで小休止。

空を見上げると、とっても綺麗だったので写真を撮りました。





8月10日:OWプール講習

ラッキーにも、撮影現場とOWプール講習地が近かったので、現場から歩いてOW講習に向かうことが出来ました。

プールではOWに必要なスキルを一通り行い、海洋講習は13日と14日に行う予定です。

 

 

 










8月8日〜10日はZELLの仕事です。こんなに多くの役者の方々が参加する撮影現場は初めてです。

水中から浮上し、役者の1人1人が役になりきり、浜で演じる光景を見ていると、まるで過去の世界にタイムスリップした感じです。

9日までに終了する予定でしたが、10日の昼前までかかってしまい、そのままOWの講習に向かいました。


いつもの事ですが、私たち潜水班は夜明け前からレスキューボートなどの準備にかかり、夜明には海で待機します。

正直、眠い!

これから日没まで、1日中ダイビングスーツは着たまま。終わる頃には体がかゆくなります(半笑)。

特に10日は波が高くなり、指定された岩場に撮影用の船を定着させるのに苦労しました。気をつけないと波に打たれた船が向かって来て、岩場と船で体を潰されます。

 

  




8月1日:ASDI プール・トレーニング

トレーニングと言っても、各々プールを使って好きなことをやるって感じです。今回はフィンを使ってスキンダイビングの水平潜水(息ごらえ)をやったり、体験ダイビングをしたり、ダイブマスター候補生の泳力トレーニングをしたりと色々やりました。

今後も定期的に開催する予定ですので、日程が合う方は是非、ご参加くださいね♪

 



 







7月30日〜31日:リブリーザー・トレーニング

あるグループが定期的に行っている、リブリーザー・ダイバー・トレーニングです。今回もトレーナーとして参加してきました。

それにしても、夏です!熱いです!

浜には海の家も出て、まさしく夏本番。 水温も水面なら29℃もあり、まるで温水プール♪

今回2日目は、DEEPと減圧を計画にいれたリブリーザー潜水を大瀬崎の先端で行いました。水深40mを超えるとさすがに水温も冷たいですが、上がってくれば暖かい水温がやさしく体を包んでくれるので、良かです♪
 



  






7月6日〜8日:OW講習

だれもがダイバーになるために受講する、オープン・ウォーターの講習を行いました。

やはり苦労するのは中性浮力ですね。

7日〜8日は海洋講習でしが、残念ながら浅い水深の透視度は最悪でした。でも8日の午後に水深15mくらいまで潜ると、透視度も良くなり、キビナゴの群れなども現れ、少しは海の世界を楽しんでもらうことができたかな?

これから経験を積んで、中性浮力も上手にとれるようになり、水中の世界をとおして、色々な人や自然を感じていって下さいね♪
 

 

 

 






7月5日:リブリーザー体験ダイビング

リブリーザーの体験ダイビングをプールで行いました。

リブリーザーは通常の潜水器材とはまったく別物と言っていいかもしれません。

潜水時間や水深、減圧など、すごいパフォーマンスを得られますが、半面、正直言って使い方を誤ると危険な面を多く持っていることは事実だと思っています。

今回参加した方々はテクニカル・ダイビングで経験を積んで来た方々ですが、だからこそリブリーザーの難しさと面白さを感じてくれたみたいです♪
 

 





7月3日〜4日:AD−EAN講習

アドバンスド・ナイトロックスの講習を行いました。初日の天気は曇り時々雨、2日目は雨も降らずすみました。

海の透視度は、この季節ならまあまあかな?

メンバーは2010年度のテクニカル・ダイバー候補生の方々です。エキステンド・レンジを目指して今後もご一緒して行きます。
 

 







6月20日〜21日:リブリーザー・トレーニング

定期的におこなっているリブリーザー・トレーニングです♪

講習後もリブリーザーでの経験を積み、リブリーザー・ダイバーとしてのスキルUPが目的です。

2日間とも天気は雨と曇でしたが、ドライスーツを着用しているので、陸上が涼しいのは助かります。

今回はナイト・ダイビングも行いましたが、光り輝く夜光虫の世界の中、音のしないリブリーザーでのナイト・ダイビングはいっそう神秘的な美しさを感じられますね♪

外海も潜りましたが、水深20mくらいまではひどい濁りで透視度3mもなかったかな、でも水深20mを超えると、いきなり濁りが消えて、20mくらいは見えました♪

そのかわり水温もいきなり21℃から15℃まで下がり、「お〜寒い!」。頭がスッキリって感じです。

ともあれ、今回も無事に終了ました♪
 

 











6月19日:海洋公園(IOP)

レジャーダイビングの引率依頼で、海洋公園に行きました。

東京は雨でしたが、現地では雨は降らず暖かい1日となりました♪

今回参加された方はOWを取得して以来、5年振りと言う事もあり、午前中はプールで練習して、海には午後から潜りました。

透視度は10mくらいは見えたかな。波は高かったけど、マズマズのコンディションでした。途中、キビナゴの大きな群れも現れ、5年ぶりのダイビングは無事に楽しんでもらえました。

よかった、よかった♪

 

 
 
 






6月12日:テクニカル・ダイビング・説明会

テクニカル・ダイビングに必要な器材や、リブリーザー、講習内容などの説明会を行いました。

当日は7名の参加者となりましたが、うっかり集合写真を撮り忘れてしまいました。

夜は参加者の内、数人で飲み会をしました♪こちらも盛り上がりすぎて、写真を撮り忘れました(飲みすぎ?)。
 





6月5日:【警戒&レスキュー】

幕張メッセのビーチで行われたイベントで、曲芸飛行が行われました。

このため警戒船2船によって飛行区域海上内に他船が侵入しないようにします。

私は警戒船に乗り込み、飛行機墜落時のパイロット救助が任務です。

飛行は2回行われる予定でしたが、2回目は機体の不調により、飛行中止。いずれにしても無事に終了しました♪


警戒船で幕張に向かう途中
海から見るディズニーランドやオーシャンビューのマンション群が
見れました(ちょっと楽しい♪)。


 
【警戒船】
この船で警戒区域内に入った船舶にサイレンを鳴らしながら
「離れるように!」と警告します。

なかには「ふざけるな!」と怒る船も・・・・・・ごめんなさい。



イベントに集まった人達。ビーチからは大音量のサウンドと歓声が聞こえていました。





5月30日〜6月3日【CM撮影】

あるCM撮影に行ってきました。私が呼ばれたので、てっきり水中撮影関係だと思っていたら、撮影は水面のみ。私の仕事は海域での安全管理と雑務。

早朝5時から夜まで、水中で足場を組んだり、下見の時にはなかった次から次えと流れ着く大量の海藻やゴミの清掃などなど、今回は体力勝負でした。

はじめ笑顔で会話している仲間のメンバー達も、しだいに会話は消え、やがて放心状態で黙々と動いていました(笑)。

最終日は足場をバラしている内に夜になり、トラックにボートを載せて、帰ってきたのは夜中の2時。

みんな日焼けで顔が真っ黒、ヘロヘロになっているメンバーと解散しました。

確かに大変だったけど、今回の様に良いメンバーに恵まれると、終わった時の充実感は最高ですね。

最後、私が海から器材を背負い、上がって来た時に、皆もかなり疲れているのに、近寄って来て「器材を運びますよ」って言ってくれた時など、嬉しかったな♪
 

 

 

 

 



5月20日〜23日

JAPAN CMAS(水中国際連盟)本部主催のICC(インストラクター認定コース)が行われ、今回もディレクター(コース試験官)を務めてきました。

コースは主に知識、能力、プレゼンテーション、グループコントロールについて評価されます。

この日のために各受講生はトレーニングを続けて来ました。もちろん合格することが目標ですが、コースを通してインストラクターとしての責任と自覚を養うことも大切です。

それにしても、21日は真夏日となり、これからシーズンに向けて潜水前のドライスーツは暑いですね♪
 

 

 

 

 




5月12日〜13日

リブリーザー・ダイバーのトレーニングを行いました。トレーニングと言っても、レベルに合った経験を積みながらリブリーザー・ダイビングのコツや器材の特性などをつかんでいくのが目的です。

今回、使用したリブリーザーは【インスピレーション2台】、【メガロドン】、【メガロドン・マンタシステム】の3機種です。

それぞれ特徴(一長一短)がありますが、どの車にもタイヤとエンジンがあるように、今回使用したリブリーザー(CCR)も基本的には少なくなった酸素を足して、吐き出された二酸化炭素を吸収すると言った構造は同じです。

よく、「どのリブリーザーが良いか?」と聞かれることがありますが、車で例えればブレーキにアンチロック機能などが付いた車(高価?)や、付いていない車(安い?)もある様に、無いよりかは付いていた方が良い装置もありますが、その様な装置が付いているからどんな運転をしても安全か?となると・・・・・・

逆に様々な特殊装置が付いてない車でも、その車の特性や欠点をよく理解し、そしてその車と自分の運転技術に見合った運転をしてあげることが大切だと思います。

高価な最新のスポーツカーに乗ってスピードを出すことが気持ちの良い人もいれば、たとえ古い車でも、その車に愛着をもち、のんびり景色をみながら運転するのが好きな人もいる様に、自分の見合った予算や求めるスタイルでリブリーザー・ダイビングも楽しんで潜ることが一番ではないかな?


ちなみに天気は最高だったけど、残念ながら水中はひどい濁りでした。自然が相手なので仕方がないですね♪











4月24日〜25日

カバーン講習を行いました。初日は天気予報がはずれて1日雨でしたが、2日目は1日晴天となりました♪

気温もそこそこ上がり、天気が良いとやはり気持ちが良いものです。透視度はすっごく良いとは言えないけど8m位は見えたので、マズマズって感じかな。




4月19日

前日の大瀬崎も透視度が良かったですが、熱海もいつもと比べて透視度が良かったです。潜水ではビダガ根のソフトコーラルや沈船をじっくり、ゆっくり楽しみました。

この日は気温も上がり、日差しも暖か♪でした。
 

 





4月17日〜18日

トライミックスとエキステンドの講習を行いました。大瀬崎は久し振りに、良い透視度でしたよ♪

PS、それにしても大瀬崎に向かう、17日の早朝は寒かった! 気温は2℃でアラレが車に積もっていたので、東名高速の御殿場あたりが心配だったけど、大丈夫でした。
 

 












3月28日〜29日:リブリーザー訓練

大瀬崎でインスピレーションを使用したリブリーザー・トレーニングを行いました。天気予報では2日とも雨が降る予報でしたが、気温は寒いながらも初日は雨が降らずにすみました。

透視度は相変わらず悪かったですが、2日目は少し回復しました。

と言うことで、水中写真は撮りませんでした。
 


2日目の夕方から雨が降りはじめましたが、箱根新道はもちろん、東名高速の御殿場あたりでは雪が降り、箱根新道はチェーン規制、東名高速も大渋滞!

帰り、たらたら走る車から見る雪景色の東名は今シーズン2回目です。

帰ってくれば気温も上がるかと思いましたが、東京も4℃くらいだったとは。

はやく暖かくなって欲しいです♪





3月15日〜17日:リブリーザー訓練
 

 
ブルークエストさん主催の、ある機関のリブリーザー(メガロドン)訓練が行われました。私もブルークエストの講師として参加です。

初日は土肥のプールで行い、二日目以降は大瀬崎に移動しました。大瀬崎は相変わらず最悪の透視度でしたが、無事に訓練は終了しました。




3月13日〜14日:ダイビング インストラクター トレーニング



5月21日〜5月23日の日程で、CMAS JAPAN主催のインストラクター認定試験が行われます。これに伴い、受講希望者の方と大瀬崎でインストラクター・トレーニングを行いました。

初日は強風が吹き荒れ、二日目は晴天に恵まれましたが、透視度は3mも無いくらいでいた。それでも二日目は陸上に居ると、暖かく気持ちの良い一日でした。





2月14日〜16日:ASDI潜水会(仮名)

3日間、時には雪もちらつく大瀬崎。とっても寒かったです。でも、透視度はとっても良くて、沖縄みたいでした♪

それなのにカメラを忘れたので、海の中の写真がありません。

ちなにみ13日に大量発生したハリセンボンが沢山浜辺に打ちあがっていましたが、異常現象???

写真は今回のメンバー達です。携帯で撮りました。







1月27日〜28日

海上保安庁/特殊救難隊の部隊訓練、2回目です。

今回、潜水訓練は行わずに潜水知識と器材のセッティングを行いました。

訓練はこれで、1度区切りとなります。

訓練を通して得た知識と器材などの使用において、現場で活動する隊員の方達からは、部隊に取り入れることによって、今まで不可能だった救助活動範囲の拡大と隊員の安全性の向上を図れるとの感想と確認がされました。
 

今後、実際にリブリーザーなどが現場に取り入られるかは最終的に上層部の判断にゆだねられますが、もし今回の新しい潜水知識と技術が部隊に取り入られ、今まで以上に1人でも多くの人命が助けられ、現場での隊員達の安全に役立つことを願っています。

写真は訓練を共にした、特殊救難隊の隊員達と、講師役の私と講師主任のブルークエストの田中氏です♪





新【マンタ・システム】

メガロドンは器材のアタッチメントがバラバラになる為、部分的なパーツを交換できる利点があります。

今回、新しく製作されたパーツ:「マンタ・システム」は、いままの腕の動きを邪魔していたカウンターラングを後方にすことにより、腕の動きを向上させるパーツです。

実際にパーツ交換にてテスト潜水を行いましたが、腕の動きは格段に向上され、心配していた呼吸抵抗も無く、また浮力バランスもまったく問題ありません。

現段階では、非常にGood♪です。

今後、ODVなのどの問題点もあるので、多少の改良点を行いながら海洋などの実践で色々と検証していきたいと思います。

  




【NEW COMPUTER】

スイスで新しく開発されたダイブ・コンピューターです。

自分の残圧だけでなく、グループの残圧も自分のコンピューターで確認することができるので、安全管理に非常に約に立ちます。

また、文字自体が光るので、非常に見やすく、さらにソーラーパネルにより、電源がなくても自己充填可能です。

ガスは、ナイトロックス・ガスを3種類まで登録できるので、ヘリウムやリブリーザーを使用しない潜水であるなら、とてもよいコンピューターかもしれません。
  






1月7日〜10日

海上保安庁/特殊救難隊の部隊訓練が横浜の基地で行なわれました。ブルークエストの田中氏と私が講師として参加してきました。

タフで、統率の取れた隊の動きと、悪条件に対する潜水対応力の高さ、訓練意外ではアットホームな隊の雰囲気が最高でした♪。次回は海洋訓練の予定です。

※今回は機関名と写真などの公開許可を得ています。
 

 

 

2010年:↑




2009年:↓

11月20日〜12月20日

ある機関の訓練を行いました。





 
 







10月26日〜11月5日

ケーブ訓練&調査を行って来ました。


 




 













10月11日〜18日

ある機関のトレーニングがありました。私も講師役(ブルークエスト隊)として参加です。期間中は私を初め様々な講師から訓練生は指導を受けました。










9月26日〜27日 トライミックス潜水訓練

大阪にある「なみよいくじら」さんの依頼で、ヘリウムガスを使用した、トライミックス訓練を行いました。2日間とも天気は良く、大瀬崎にはたくさんのダイバーさん達が来ていましたよ。

今回は、エントリーレベルなので、水深60mの潜水を行いました。途中、若干流れもありましたが、計画通りに潜水を無事に完了できました。




9月17日〜18日:トレーニング

ディープと閉鎖環境を目的とした海洋トレーニングを行いました。透視度はあまり良くなかったですが、深くに行っても水温は暖かく22℃くらいありました。夏も終わり、陸上は涼しく水中は暖かかった2日間、ドライスーツでのダイビングには最適でした♪



【24時間テレビ・リベンジ津軽海峡横断】

昨年、横断に失敗した津軽海峡横断です。タレントの方達7名でリレーします。

今年もレスキュー隊(ジール部隊)の一員として行って来ました(選挙の事前投票はしました)。


8月27日
逗子からレスキュー・ボート2艇を積み込み、トラックで青森まで搬送です。

首都高速の渋滞では発進時にうっかりバックギアに入れてしまい、あやうく後ろの車にブツケルところでした。危ない!、危ない。



果てし無く続く、東北道路・・・・・・・。

途中大雨に見舞われながらも、28日の夕方には無事に青森の小泊港に到着。

8月29日
早朝からリハーサルのため、レスキュー艇を下ろします。



リハーサルが終わって・・・午後の打ち合わせまでちょっと散歩♪




宿の隣にあった鳥居。むかしの豪族:安東盛季?さんが立ち寄ったところだそうです。


鳥居の中にあった、白い馬・・・・・・・・・?


人が寄っても逃げないカモメ達。


夜に、テレビ関係者全体による打ち合わせも終え、宿に戻りました。関係者は総勢で100名以上は居る感じでした。

この「津軽海峡横断」は、成功しても失敗しても今回が最後らしいです。


ちなみに写真は船団関係者のみ。「横断成功を祈って乾杯!」



翌日、本番早朝の空・・・・・・


8月30日
早朝4時から準備にかかりました。これから14時間くらい、レスキュー艇に乗りっぱなしです。1度経験しているので、私をはじめ隊員達は気持ち的に余裕がある感じです。


スタート地点の様子。朝早くから地元の人達も大勢集まりました。まもなくスタートです。






いよいよ始まりました。スタート時は波がとても高く、北海道まで無事に行けるか心配でしたが・・・・・・。




途中、ハプニングもありましたが、波もおさまり今年は横断を成功することができました。タレントさん達の努力も報われました♪


写真は北海道側の波止場で撮ったレスキュー隊のメンバー達です。みんな顔が日焼けで黒いですね(笑)。


夜・・・・・・・・・

レスキュー隊の打ち上げです。すべてが無事に終わり、横断も成功。私達は言うことなし♪サッポロ・ビールも最高♪


飲んで騒ぐメンバー達。店内にあるテレビでは、民主党圧勝のニュースが流れていました。






8月14日記載

8月11日に体験リブリーザーを逗子にあるプールで行いました。台風が心配でしたが、昼過ぎから天気は晴天になり、気持ちの良い一日でした。

ただ、プールなのに水がとっても濁っていたのが残念です。





8月9日記載

8月5日〜6日は、OW講習と10月のケーブ・ダイビングに向けて、ナイト・ダイビングでのケーブ・スキル・トレーニングを行いました。

予報は雨でしたが大瀬崎は2日間とも雨は降らず、ひと夏のダイビングって感じでした。




6月12日記載

★銃刀法改正にともなって、ナイフの加工。


私が使用している刃渡約6cmのダイバーナイフです。このナイフ(ハルシオン製)はコンパクトであること、そしてまったくサビないので使用しています。ごらんの様に先端がトガッテいるので、人を刺せるか?と言えば不可能ではありませんね。(こうやって写真を撮ると、事件の証拠物件みたい)

実際、先端がトガッテいるので収納時に気をつけないと、スーツを傷つける欠点があったので、今回をきっかけに加工することにしました。





万力で固定して、ヤスリで削ってみました。ナイフには「チタニウム」と書かれているので。かなり硬く、削るのが大変?ヤスリが駄目になってしまう?とも思っていましたが、5分もあれば簡単に削ることが出来ました。万力が無くても大丈夫だと思います。






削り終わった先端部分の写真です。必要以上削らないように、これくらいにしときました。






削ったところが滑らかになるように仕上げです。使用しているの「サンダー」と言う工具ですが、本来は写真のような形では使用するものではないので、まねしないで下さい。ケガします。

本当は「グラインダー」と言う工具が良いのですが、目の細かい鉄ヤスリでも十分です。ケガもしません。





テストです!かなり強く自分の腕に押し付けても、刺さりません♪


※これで完成ですが、ほんらい物は用途に合わせて形が決まっています。したがって、先端を削ることで損なわれる機能もあります。

例えば細いライン(ひも)の結び目に差し込んで、ラインを切ることは出来なくなります。でも、経験的に水中でその様にラインを切る事はほとんど無いですし、ようは切れれば良いので問題は無いかと思います。

でも、基本適に加工や改造は良くないので、あくまでも参考にして下さい。先端を削ってしまったことで思いもよらない場面での後悔があるかもしれませんので。





6月3日掲載



★ディープ・トレーニング

初日は大瀬崎で潜りました。1DIVE目は先端で減圧潜水を行い。2DIVE目は湾内で基本スキルの練習。3DIVE目は湾内でナイトダイビング&視界不良潜水トレーニングを行いました。

2日目は熱海に行き、減圧潜水の実践&経験トレーニング。私の好きなコース:ビダガ根から潜水を開始。その後は色とりどりなソフトコーラルや、起伏ある地形を楽しみながら、最後は沈船まで移動して、ゆっくりと沈船も見て回りました。

熱海は私の好きな潜水ポイントです。昔(かなり昔)は良くツアー(レジャーダイビング)で引率し、多いときは月に3〜4回は行ったかな・・・・・。透視度は良くなかったですが、今回のようにWタンクに減圧タンクを携帯し、じっくりと見て回ると、やはり熱海は面白いと改めて実感しました♪

2・・・3年ぶり?の沈船はかなり腐食が進んでいましたね。船の両脇には大きな穴が開いていたし、あと10年も経てば、原型は無くなるかもしれませんね。

PS、船の上で写真を撮りましたが、カメラにカードが入っていませんでした。ごめんなさい。






★リブリーザ・トレーニング

天気も良く、海況も良く、リブリーザー・トレーニングは無事に終了しました。





5月掲載



★NHK番組 探検! 驚異の結晶洞窟

 知人から教えてもらった番組。わたしは見ることが出来ませんでしたが、かわりに下記のアドレスを見て、よけいに見逃したことが残念になりました。

 まるで・・・・・・SFXの世界。地球=宇宙は神秘に満ちていますね。50万年・・・・ちょっと色々考えちゃいます。

★4月19日のクルージングパーティーは無事に終了しました。







★4月4日のダイビングフェア


 4月4日に池袋で講義をしていたので、午前中にダイビングフェアを見てきました。

 私が目を引いたのが写真の水面&水中ジェットです。解りやすく言えば、潜れるジェットスキー?

・最大速力:水面22km/h、水中16km/h
・可動時間:最大出力で60分
・耐圧水深:40m
・重量:64キロ
・製作地:ドイツ

 以上の性能を見るとすごいですが、正直水中ではここまでの速度は必要ないかもしれません。たぶん掴んでる手がすぐに疲れるし、両手がふさがっているので耳抜きも困難だと思われます。また重量が64キロなので持ち運びも大変ですね。

 とはいっても、写真で見てわかるように、その完成度は高く、こんなものを作ってしまうドイツ産業にあらためてサスガ♪と言いたく、また画期的な新製品が少ない業界関係者としても嬉しくなります。使い勝手はどうあれ、これを持ち込めば、注目度は最高ですね。ちなみに値段は定価2,100,000円だそうです。

 PS、水面で使っている時は、船舶の免許が必要かもしれませんね。





2008年以降↓




2008年度


2007年度

2006年度

2005年度

2004年度

2003年度

2002年度

2001年度

2000年度

1999年度